赤毛のアン2008年06月26日

今年は「赤毛のアン」が出版されて100周年だそう。

今日は郵便局で、こんなかわいい赤毛のアン切手(右)を発見!
そしてお隣の本屋さんで、赤毛のアンの原書を購入。

赤毛のアンには、当時のカナダの人々の暮らしの様子が描かれており、おいしそうな様々なお菓子たちも登場しているんですって。
それと、NHKで4月から、赤毛のアンの原書を読む、という語学番組がやっていて。
なんとなく見ているうちに、アンの世界をもっと覗いてみたくなったのです...

そうそう。英語と言えば、先月こっそり?受けたTOEICの結果が届きました。
まあ、どちらかと言えば、良い点かな。

4月から始めたNHKの語学講座も、なんだか中だるみ始めたので、赤毛のアンでまた気分一新がんばれるかしら。

クリスマスの絵本2007年12月28日

そろそろちょっと時期外れになってしまうけれど、すてきなクリスマスの絵本をご紹介。

「ベッキーのクリスマス」
ターシャ・テューダーさんの絵本です。

ベッキーの家族の、クリスマスまでの日々の風景が描かれているのだけど。
ページをめくるたびに、クリスマスのわくわくがたっぷりつまってます。

家族みんなで作る、クリスマスケーキや、クッキー。
クリスマスリースはベッキーとお姉さんの担当。
イブの日には家族揃って、森の中にモミの木を切りにいきます。

クリスマスの楽しさと、家族のあたたかさが描かれた、心温まる1冊です。

8月の本2007年09月04日

<今月読んだ本>
 ベートーベン
 ムーミン谷の夏祭り   トーベヤンソン
 ムーミン谷の11月    トーベヤンソン
 A-リスト 
         英国ファンタジー紀行   shotor travel
 アフターダーク     村上春樹
 Q&A          恩田陸
 レバレッジ時間術    本田直之

<おすすめ>
 美輪明宏のおしゃれ大図鑑 美輪明宏 ☆
→若い頃の美輪明宏のおしゃれ精神に学ぶものアリ。

 嘘つきアーニャの真っ赤な真実  米原万里 ☆☆
→1960年代に東欧で幼少期を過ごした著者が30年後に友人を訪ねるというノンフィクション。
友人たちの現在の姿に、この30年の間の各国の共産主義、時代の激動に振り回された運命・人生が映し出されており非常に興味深い一冊。

<読みかけ>
 不道徳教育講座 三島由紀夫
 オードリーとフランソワーズ 乙女カルチャー入門 山崎まどか

今月の本2007年07月30日


今月読んだ本たち。

 三月は深き紅の淵を  恩田陸
 蛇行する川のほとり  恩田陸
 麦の海に沈む果実   恩田陸
 黄昏の百合の骨    恩田陸
 まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん
 西の魔女が死んだ   梨木香歩
 角屋案内記


読みかけ。

 Q&A          恩田陸
 チーム・バチスタの栄光 海堂尊
 うさぎとトランペット  中沢けい
 ふらんす物語      永井荷風